宇宙に裸で立つ

わたしはとんとん拍子に大きくなって

調子づいていたんで、わたしはきっと何者かなんだろうな!って思っていました。

若かったからだけど、そのうちわかってきちゃった。

実はなんにもないってことに。

まわりを見てみたら、わたしがフラフラしてるあいだに

地道にコツコツやってた方々が、

また地道に自分の生きる道みたいなのを見つけ出しているわけですよ。

あら?

わたしって実は?いや、そんなはずはない!
だって、だって、ほら!わたし 頭の回転早いし、←誰かにいってもらった
おもしろいし、かわいいし、←奇特な誰かに言ってもらったw
それにそれに、普通じゃないし、←誰かに言われた(悪口かもね)

って、自分のことを
自分にも、とにかく見栄張ってましたわ。

嘘ばっかり、本当は何も持っていないのが怖くて
誰にもばれたくなくて、一番は自分が認めたくなかっただけ。

エラそうなこと、いっぱい言ってたし
自営業のお父さんになんかにわかりっこない、
わたしは一応大手の会社に入ったし、って、

でもそこでも全然なじめなくて
結局やめる方向に自分自身が向かって行っていた。

疲れ果ててた。
仕事にじゃないんだよ。人間関係でもないんだ。
わたしはワタシを活かしきれていないことに。

わたしが悪いんじゃない、みんなまわりが悪いんだって。
人のせい、環境のせいにしてた。

結局何も持ってないんだよ。わたしは
って
本当に気がついたのは
ヨーガを始めてからだったんだ。

自分に言い訳して、自分を認めてないのは自分自身。

何者にもなれない、自分自身にしか。

わたしは何にもないって見せつけられた時
狂っちゃうかと思ったよ。
肩書きや、所有してるものはわたしじゃないんだって
知ったとき。

そこで丸裸でね、世界に初めて降り立ったみたいだった。

なにもない、

この身体と心だけもってやってきました。笑

しゃーーーないっ!

初めて受け入れた。私自身をね。
恥も過去も全部捨てたんじゃなくて、呑み込んだよ。

そしたらさ、
出会う人、出会う人、ほんとに素敵な人ばかりでびっくりした。
それに今まで嫌いって思ってた人たちもなんだかとっても親近感湧いたり、
決めつけてたことが、実はへそまがってた私の勘違いだったり
近くにいる人や親のことも、ぜーんぜんわかってなかったことを知るわけです。
わたしが勝手に人間像を作り上げて嫌っていただけ。

わたしの心がひん曲がって現実を見ていたから真実が見えてなかった。
まわりにこんなに素敵な人たちがいっぱいいたんだ!って気がついた。
いままでまわりのせいにしてた、敵ばっかりだって思ってた世界が
こんな素敵な人がいうんだから間違いないっていろんなこと吸収できた。
まるで赤ちゃんになったの。

アーユルヴェーダやヨーガやヒーリング、ローフード、マクロビオティック゚、ロフト、生け花、みんなみんな面白くて、幸せだった。
ヨギサンにも会えた。ダルシャンを受けてヨーガの神髄を見せてもらった。
ヨギサンがサットサンガする時はお花を活けさせてもらったり、
踊ったり、子育てしたり、ヨーガのアシスタントしたり、
SOUENのピースマークをモミの木の枝で
やらせてもらったり、楽しかったなぁ~うれしかったな~♪♪

どんどん自分の活動、いのちの表現が始まっていくんだ。
それはただまるっきりの裸で、宇宙に、この地球にきたことを覚悟しただけで
あとは導かれるように自然に始まったこと。不思議です。

日本に帰ってきた今、
こんなにクラスがあってもいやにならない。
それに毎日ヨーガできるのも
なんだかとっても自然なんだ。



いままでなんにもないって思ってた。

ただ、この身体と心があったんだ。産まれたときからずっと

これだけがわたしの所有物。

十分だったんだ。

いままでのこと、小さい時の悲しい思い出も、
大失恋したこと、
詐欺にあったこと、恨んで恨んで生きてた時も、病気になったことも
なにもないって思って自分に見栄を張って的外れにもがいてたのも

全部無駄じゃなかったし、全部が「今、ここ」に繋がってるんだ―――
って

なんというお得な世界!

この人生こそ、わたしの生きる道♡

ありがとうございます。
感謝感激、
いろんなストーリーあったけど
この身体と心を与えてくれた両親に感謝します♪



om love saves the day.


[PR]
# by makotokozu | 2017-05-30 13:58 | 宇宙に裸で立つ | Comments(0)

最近こちらがメインです♡

よろしくお願いします♡

Om Love Saves the Day
makoto

[PR]
# by makotokozu | 2017-03-22 16:22 | Comments(0)

無限∞へのあこがれ

Blessings!

久しぶりにブログがログインできたので

かいてます。

先日お友達の84歳の高橋昌子さんが亡くなりました。

ヨーガの仲間だし、マッサージもいっぱいしたし、なんでも歌にしてしまう歌人でもあり
美しい短歌で美しい言葉たちがわたしの中に
景色や季節や、気持ちや眼差しをたくさん見せてくれました。

もう身体は軽いね。

有限であるわたしたちが、

無限に憧れる。

そこに関心を持つのは、変なことじゃない。

もともと無限の世界からきたんだから

無限であったわたしたちは

ここで有限である不自由さの中を体験すること。

有限であるゆえの美しさを歌に詠んで、

有限だからこそ溢れる慈しみを教えてくれてありがとうございます。

歳のはなれた親友

日本に帰ってきてすぐに仲良くなった人、高橋さん♡

ありがとう!

またね^^

Om Tat Sat Om
[PR]
# by makotokozu | 2016-12-02 14:51 | 瞑想なんでするの? | Comments(0)

愛を確認する生き方。

Blessings!


ヨーガクラスにはいろんな人が来ます。

はじめて会った人ならその都度、アーユルヴェーダっぽい感じで、

体質(ドーシャ)や心(グナ)の質なんかを無意識に相手がこぼし

意識的に拾っていくと、共通点があったりして意気投合したりします。



最近わたしは、とにかく忙しい。

たぶんほかの人から見たら、のんびりやってると思われますがw

そうすると、わたし、アピりだすんですね。

疲れたよ~~、

ああ、こんな時間、わたしはあれも、これもして・・・ね、ね、ちょっと~しんどい

みてほしい、わかってほしい、労てほしい。やさしくしてほしい。

これ、大抵の人がやってるよね。

「これの行き過ぎは、病気になる。」

教えてくれたのは、チェアヨーガの先生でした。

チェアヨーガは、第一チャクラにとにかくフォーカスします。
土台を立て直してから、その上に立つものを調和していく。

「病気でいることで、愛を確認したがる自分に気が付く。」

これを言葉で言ってもなかなかわかる人いない。

ムーラ―ダーラ、生命の根っこを家に例えるといいって、誰が言ったんだけ?

家の礎が歪んできたら、その上に立っている家は傾く。
傾くと、障子とかふすまとか扉が開けにくくなる。
開けにくくなったら、そこを直しますね。扉を削ったり、ふすまを削ったりってしますが、
またまた開けにくくなるんですよね。これをその都度削ったりするのは、対処療法です。

これを人間の身体に当てはめてみます。腕とかあげにくくなったり、関節の可動域が狭くなったり・・・
そこを通る血流は、全開にならない扉や障子の間をかろうじて通っている。

ヨーガは対処療法じゃないんですね。
土台、礎の部分をフォーカスしていくんですね。

無意識に望んでることが、実現する。

「あふれ出る愛をおすそ分けしたい。」

人間の本当に不思議な力です。

英語なんだけど、写真や画像でわかります。
良い姿勢が手に入っただけでなく、おばあちゃんの凛とした表情。
すべてはうまくいっている。

85歳のおばあちゃんがヨーガで元気になっていく過程を見てみてね。
[PR]
# by makotokozu | 2016-07-19 22:09 | 全体性~統べるチカラ | Comments(0)

布ナプキンの染めなおし♡玉ねぎ編

Blessngs!


お久しぶりです。

わたしたちが手作りした布ナプには草木&薬草醗酵液で染めを施しています。

布にエサになるたんぱく質を染み込ませ、菌である植物の色を入れて(染めて)いきます。

好気性菌(+)が嫌気性菌(-)を無理なく体外に出し、酸素の好きな好気性菌が空気を入れ替え、温かいのにムレもなく

汚れも落ちやすく、を可能にしています♡



しかし、何度も繰り返し使ううちに草木染の効果も薄れてきます。

そうすると汚れは落ちにくく、布の柔らかさもなくなり、最初に感じたあの快適さも徐々に失われてきます。

なので、誰でも簡単に

ご自宅にある布ナプキンをもう一度染めなおす方法を書きます。

一番簡単なのものは、玉ねぎの皮で染めること。

準備として、玉ねぎの皮を集めておいてください。

変色していたり黒いところ、カビが生えているところは除き、茶色のところだけを使用します。


用意するもの、、、、

〇草木染の効果が薄れた布ナプキン5~6枚 
(準備として・・2~5倍に薄めた「無調整の豆乳」に15分くらいモミモミしたりしてしっかり浸します。洗濯機で1分脱水後、干します。)


〇玉ねぎの皮、適当。5個分以上から10個未満

〇みょうばん (どこのスーパーでも売っています、漬物の色止めなどに使うらしいです。)

鍋、菜箸、ざる、ビニール手袋等 キッチンにあるものですべてできます。特別なものはいりません。

ではレッツビキン。>>>>>>>

>ナプキンがしっかりと浸かるようなパスタ鍋で4リットルくらいのお水を入れて玉ねぎの皮を煮ていきます。

>15分くらいするとコンソメスープ?のようなとってもいい匂いがしてきます。←(染め液の完成です!)

>皮を取り出し、そこへパリパリに乾いた布ナプキンを入れていきます。グラグラと15分煮ます。

>小さな鍋に水を入れてみょうばん大匙1~2(適当ですw)を入れて火にかけます。湧いてくるとみょうばんがすべて溶けて鍋の中は透明になります。火を止めます。

>ナプキンが入るくらいの大きめのボールに水を張り、みょうばんを溶かしたものをボールに入れてかき混ぜます。←(色止め液の完成です!)

>15ぷん位煮た布ナプをザルに引き上げ、染め液を絞ります。二度染めるので絞った染め液は、またお鍋に戻します。

>布ナプをよく絞ったら、広げて色止め液のボールに入れます。たまにモミモミしたりひっくり返したりして15分浸します。

>15分も経つと素晴らしい黄色になります。水洗いしてから洗濯機で脱水1分。

>染め液にまた布ナプキンを広げて入れていきます。また15分適度煮ます。

>ザルにあげて、ざざっと水で洗います。洗濯機で1分。

>干します。>>>>>完成です。


二度染めすると、色も濃く効果も長続きします♡



薬草醗酵液、インド茜やくちなし、びわ、クルミで染めたい場合は、お知らせください。

出展などが控えている場合、お手伝いもお願いしながらw
染めのワークショップも同時に開催します。ご連絡&お尋ねください。



自分を好きになることは、女であること自体を楽しむことにもつながる。

月に一度の浄化が、めんどくさくて、きたない、よごれた汚物という扱いで、おなか痛くて、を毎月1週間。

これを何年も繰り返すことは

深いところで女である自分をとても傷つける。

この出す、という循環の一つが心身共に快適に行われるならば、
女性であるということが、とても気持ちよく、新しくなるような清々しいことに変わるんではないか?
自分のことを大事に思える、この身体の営み、
浄化のプロセスが愛おしくなる。

そんな風に草木染しながら考えてます。
たくさん傷つけてきたけど、
身体が在るから、ここでたくさんのことを味わえるんだ。
今生、女に生まれてきてよかった。ありがとうございます♡

シャンティ

Makoto Kozu


[PR]
# by makotokozu | 2016-03-27 15:56 | 布ナプの染めなおし | Comments(0)