微生物の存在:そまの自由研究

Blessings



今年の夏もたくさんの出会い、これは人に限らず、土地、場所とか植物とか馬とか!!

懐かしい友達もペルーから帰ってきたりなんかして、とっても嬉しい楽しい夏休みでした。


なぜか弟がたまにブログを見てるとかで、「精神世界により過ぎて、初心者には伝わらない。」とのご意見。

ありがとうございました。



海はいいな。山はいいな。森はいいな。自然がなければ人間は生きていけないな。

都会で虫を嫌がるけれど

自然の中に行くと、わたしたちが、彼らの世界にお邪魔する感覚。

人間だけが、この地球の支配者じゃないね。

虫を嫌い、気に入らないもの、邪魔なものは、排除する。

わたしたちが傲慢であればあるほど、敵か味方かを分けるよね。

それを子供たちは無言で観てる。聞いてる。そして染まっていく。

いつも自然に対して謙虚でいたい。

夏休みの作品展に小学校に行ったとき、

そまはわたしがはまっている、薬草と草木染をお手伝いして

それを自由研究にした。

材料とか、作り方とかノートにせっせと手順をメモして

清書した
ノート見せてって言ってもあんまり見せてくれないし、

たぶんもっと漢字使いなさい!とかうるさく言われるのやだから。

あんまり手伝わない。(手伝わせてもらえない涙)

でも作品展でみたら、最後の研究のまとめに

「び生物のえさは、タンパク質です。色のこいところはタンパク質が多いところ、うすいところは
あんまりび生物がすんでないと思いわれます。」

そまも微生物の存在を感じてる!!!!

嬉しい☆

わたしたちを支えてる小さな小さな存在にも
愛をこめてね。

ラブ、

まこと
[PR]
by makotokozu | 2014-08-21 21:05
<< 「わたし」が忘れていて、身体は... ∞∞瞑想しよう∞∞ >>