カテゴリ:「わたし」が忘れていて、身体は覚えてるこ( 1 )

「わたし」が忘れていて、身体は覚えてること。

Blessings Everyone!

ヨーガのクラス、サンガの時間などで

たびたび自分の病気だったころのこと、

治癒していった経緯を話したりすることがある。

このごろ、たまにわたしのお腹が張ることがたびたびあった。

そのたび家に帰ってから時間を見つけて

丁寧に基本の4つのアーサナをする。

ナディーショーダナですべての五感を強制的に

内に向けるように仕向けて

そのまま瞑想して、身体に聞く。

だんだんと身体を感じることができた。

わたしの身体のCellたちは、わたしがわすれてる

身体の記憶をまだちゃんと覚えている。

わたしが言葉にする度に

ネガティヴな感情を

tissueのすべてが感じている。

わたしの意識から病気を思い出すとき。

それは、身体自体にも同じ効果がでる。

わたしの経験から、今苦しんでいる人たちに

すこしでも勇気が出たり、明るくなったりすればいいな、と

思ったけど、

治癒するのは、

やはり自分の力。

生命力を高めれば自然に

身体は本来の活動をスムーズに行うはず。

わたしの経験よりも、

自分自身の生命力に自信と勇気を持ってもらうことが

わたしがガイドするヨーガの目的のひとつ。

ありがとうございます。ごめんなさい。ゆるしてください。愛してます。

わたしのなかのミクロユニバース、細胞の一つ一つが愛のギャラクシー。

細胞もそのまわりにいるtissueも

讃えあって、許しあって、愛しあおう。
d0169473_23541645.jpg

Love Saves the Day☆
Makoto
[PR]
by makotokozu | 2014-08-25 17:21 | 「わたし」が忘れていて、身体は覚えてるこ