カテゴリ:リアライズとイリュージョン( 1 )

リアライズとイリュージョン

Blessings!!!

アメリカで映画になるという

「あるヨギの自叙伝」を書いたスワミ・ヨーガナンダは、有名なヨーギーですが、

彼のアメリカでの布教の拠点となった「SRF」はセルフリアライゼーションフェローシップの略です。

また
ヨーガの覚者の一人にヨーゲンドラという人がいました。

ボンベイに世界的に有名なヨーガの道場を作った人です。

彼もまた、「ヨーガの目的はリアライゼーションと、トランスフォームである。」といっています。

このリアライゼーション、リアライズとは、悟る、実現するとか、理解する、知る、知覚

自覚、そういう意味も含みます。




これをわたしたちのこととして考えてみます。


わたしたちは、どのくらい自分のことをリアライズしているでしょうか?

自分の指を感じたりすることは、可能です。

しかし、骨の一つ一つまで感じることができているでしょうか?

内臓の一つ一つ

身体の全機能をありありと感じることがあるでしょうか?

ヨーガのアーサナを少しでも体験したことがある人は、一度は経験したかもしれません。

「あれ?私の身体ってこんなにもいうこときかないものなの?!」ってこと。

膝をまっすぐに伸ばしてください。・・・・で、できない。。。。(うそーん?!)

足の指を掴んでください。 ・・・・・で、できない・・・・・(苦笑)


自分の身体は、自分の思い通りになっていない、事実です。


でも、それを知ったこと、知覚したことは、進歩です(汗)


アーサナをしていくと、痛みとともに内側からも身体の存在を知ることになります。

ここで初めて、身体を動かして、痛みに気づき、「いてぇ、いてぇ~」とはいうものの、

こころと身体がいま一丸となって、アーサナ、ポーズをとっています。

これをゆっくりでも習慣にして続けていくと

身体を自覚していくことが、簡単にできてきます。



こころは、たしかに「わたし」ですが

小さい子供のように全然とどまることを知らず

あっちこっちいって、全然いうこと聞きませんw

アーサナ中だって、「早く終わらないかなぁ」等の弱音や「今日のご飯どうしよう?」など

いろんなことを投げかけてきます。

そんなときにしっかり呼吸しがみついていきます。

そのうちこころのおしゃべりは止まり、全身でそのアーサナに集中してきます。

すると、身体の内側から

たくさんの反応があることに気が付く

それはとても穏やかな静寂の中でのことです。

呼吸はゆっくりと規則的に繰り返しています。

ピリピリとした灼熱感があった筋肉がゆっくりとその緊張をほどいていく様子、

引っ張られているアキレス腱などの筋が、身体にはたくさんあること、

それらが心地よく、今できるかぎりに伸びていたり縮んだり。

アーサナ中でもリラックスしているようなとき、

ゆっくりと鼓動する心臓。そこから流れ出る血液の流れ、

今負荷をかけている個所に続々と流れ込む熱いエネルギー

一度も止むことのなく規則正しく行われている呼吸

そして、それはまるで打ち寄せては引いていく波の音のように心地いい。


心臓の音まで、どんなふうに動いて

どんなふうに一打ちしているのか、血液はどうやって身体中を駆け巡りひと回りしていくのかを、

まるで見ているように感じ、理解するのです。

わたしたちが、いま、たったいま生きていることを感じる。

この時、わたしたちは理解したのです。

「わたし」を

身体とこころをひとつの全体者としてわたし自身をリアライズ、知覚体験したのです。

これは、本で読んだり、話で聞いたりする知識とは違います。

リアライズ、悟りです。



第一のトランスフォーム(変革)
だん!



ここからは、すべてが叶いやすい。

なぜなら、こころと身体が一つで目的に向かっていくからです。

身・口・意 (身体・言葉・意識)が一丸となって進むなら、すべては実現可能です、

ヨーガは人生を変えてしまうといわしめるもの、はここにあると思います。

うまくいかないとか、なんとなく元気がないとか、病気の中にいる人は

こころと身体が一丸となってよくなっていくから

心配しなくて大丈夫です。

トランスフォーム(変化)していく過程で、周りが変わってきたっていう人がいます。

だけど、それは自分が変わったからなんだ。

自分以外はすべてイリュージョン。

あなたを通してしか世界はないの。

わたしが調子よければ、あなたの目から見る世界も調子よい。

ウキウキしてれば、世界もウキウキなわけです。

ワクワクしてれば、世界もワクワクの扉を開いてくれる。

わたしが平和なら、世界は平和なんだ。

たとえ悪口を言ってる人に会っても、誰かを悲しませるようなその輪に加われない。
だって平和でいたいんだもの。

平和を選択していたいんだもの。

そんな「わたし」がたくさんいたら、いたるところで平和が実践されてる。

苦しみの目で見れば、苦しみしか目に入らない。

イリュージョンとは、まさにそういうこと。

実体がない。


ただ

たったいま、辛い、苦しい、痛いがある人は、

ぜひ脳呼吸を実践してみてください。


脳が「痛み・苦しみ・辛さ」を認めたとき、よりその辛さを感じます。脳は緊張し、脳からの指令で身体はこわばります。

脳に大量に酸素を送り込むことによって強制的にリラックスさせます。

あっという間に、無判断の境地です。ほよ~ん・・・静寂の中にいる 「あかちゃん」ですw
(ほんとそんな感じになります。)呼吸法に寝ちゃう人?意識なし?な人もいるよ。

それでいいのだ。
Stay foolish. とはだれがいったんだっけ?

痛みが和らいだら
安心して今の状況を受け止めてください。


すべてはうまくいっている。

人生を限りなく味わうためのメニューをこなしているにすぎません。

「ありがとうございます!!よくなってきました。」と
先にお礼を言っちゃうマントラも効果あります。


始めはなんだったかな?

トランスフォーム第2弾書きたかったけど、
ま、いいか。

無事に着地できたかな?


合掌

Peace n' Love.
d0169473_20240017.jpg

頭のマルマ図 By そま画伯

[PR]
by makotokozu | 2014-11-12 19:23 | リアライズとイリュージョン