カテゴリ:正義のゆくえ( 1 )

正義のゆくえ

Blessings!


今日朝の5時半にひとつアップしたんだけどね、


感想がほしいってやつ。


順番にいくと


ビンラーディンがアメリカの「正義」ってやつで死にましたね。


わたし911を経験してるから

やっぱし、気になっていたわけで

誰が首謀したか?とかそういうので気になってるわけではないんだけど

やっぱり子供達が気になるわけです。


誰かの「正義」のために、誰かが殺される。。。

なんかねぇ・・・・難しいことわかんないけど

はっきり言って、子供達には いやだよね~こういう大人の事情。


特に宗教。


ビンラーディンが、

  「アラーのほかに神はなし」と相手が言うまで戦う。

ので、英雄だってことらしいんだけど

最近わたしのリフレのお客様で

「エ○バ以外に神はいない。それ以外はサタンです。」

って言い切っちゃう。

わたしがやっているヨーガは悪魔の道に繋がるそうです。

辞めて、マッサージだけで食べていきなさい。ってアドバイスまでくれる。

はー、、、、たいへんなこってす。


まぁ、問題は大小あるけど

はっきり言って、問題は「 そこ ! 」なんだよな。


正義の反対は、また違う正義。


でも共通点がある。


自分の信じる神が一番だってこと。


だけど、ヨーガはね

どの宗教も批判しない。

どの宗教にも真理があると認めている。

それでええですよ。って やさしい。


ヴィヴェカーナンダのお話です。


わたし達はカエルで、小さな井戸にすんでいます。

あるとき

海にすんでいたカエルが、この小さな井戸に飛び込んできました。

わたしたちは、海はここより大きいか?と聞いたら

海から来たカエルは「海とこの井戸を比べるなんて、ばかばかしい!」といいました。

わたし達井戸にいるカエルは「この井戸より大きい世界があるわけない!」といって怒りました。

そして対立が始まりました。

わたしたちは、みんな自分達が生きている世界が真理であると勘違いしやすい、と

ヴィヴェカーナンダはいいます。


って、この話って井の中の蛙ってのと同じ?

これはヴィヴェーカーナンダがシカゴで講義したお話なんだけど
(講演集・わが師に載ってます)


うーむ、みんながどんな風に考えてるかというよりは

わたしを奮い立たせたかったから?

それとも元気が欲しくて

みんなの声や感想が欲しかったのかな?


あはは~
だからやっぱり要らないです。
個人でヨーガの恩恵を楽しんでください。




地球規模で世界はアセンションに向かっているね。

もっと個人的に言えば、

目覚めているか、そうでないか?がはっきりしてる。

わたしは、みんなで目覚めていく!と信じてる。

大いなる力は、

どんな人たちにも、

スピリチュアルな成長のために

必要なことはすべて与えてくれる。

時に厳しくとも、わかるまで

それは、神の愛からだと信じてる。


正義という言葉に振り回されないで

わたしたちがすでに持っている

愛を基準に 生活していくことこそ

転換期を迎えたいま

アセンションなんだって思う。


もう、何かいてるか わけわからんのだが

これからだって、 

テロの報復があると思う。

絶対あるってアメリカだって知ってるけど

それでも成し遂げたかった彼らの「正義」



子供たちは見てるんだよなぁ~

大人の正義ってろくなもんじゃねぇな~




「 いつまでも存続するものは、信仰、希望、愛、この三つである。

これらのうち最も偉大なものは愛である 」

                     ―コリント人への第1の手紙



聖書いいんだけどな~



もう、今日は愚痴だな~


ごめんよ。


Love,
makoto
[PR]
by makotokozu | 2011-05-04 17:59 | 正義のゆくえ