人気ブログランキング |

カテゴリ:実は属せないわたし( 1 )

じつは、属せないわたし。

Blessings!

実は属せないわたし。なんか気持ちね、

どっか日本に属してない自分がいる。

ずっとこれがわたしの今までの課題とでもいうか、ね。

日本を出て、住む所決めようと思って憧れてたロンドンへ。

住みたいとは思わなかった。

世界最高のクラブ!と思ったMinistry Soundでめちゃくちゃ踊って

踊りに来てるクラウドの多様さ、表現の自由さ、サウンドの良さは、

日本とはまったくまったく違っていた!スクワッドというフェスを皮切りに

どんどん音楽がみんなを繋げて、One moment One feeling に夢中になっていた

本当に美しかった。その後なぜか友達とチェルシーのガーデンで同時に妖精見ちゃったりw 

毎週月曜日のタルビンシーンのパーティーにいってた。

Martinaとも後にNYで再会するんだけど、イギリス人、タミール系移民、結構ラスタファイ、

ジャマイカンもいっぱい移民してたし、モスリムの人たちももちろん沢山の人たちとも知り合って

なんとなく自然に話せたり、みんな肩の力抜けてていいなぁって思ったりしてた。

日本人以外の(妖精や地球外生物も含めてw)人たちと臆することなく

「みんな同じ!」な感覚を

感じられたのは、ロンドンかな?

いや~、ただハードなドラッグを初めてやったのがロンドンで、

どんな人種の人の心も手に取るようにわかっちゃったり、

手を触れただけで、腎臓ないの?なんて聞いたら

本当で、ハンドリーダー?!(手相見る人?)とかってちょっと有名になっちゃったり

なんか変な扉が開いちゃって?

わお!わたしサイコキネシス?!超能力があるわ~って完全おかしくなっちゃってた?

あんまりいい思い出ないの。結局ハードで冷たい系は、どこか暗黒陰気な感じのオーラが付きまとうからね。

その後に出会うニューヨーク。

NYはアメリカに属してるけど、どこにも属してないようなシティーで

世界の人が理由は違えどみんなここに来て暮らしてた。

一発で惚れたもん。この街こそ、わたしの街だって。

わ~、わたし地味だわ!って嬉しくなったの。今でも覚えてる。

日本でのわたしは、

気持ちが賛同しても、団体になったりするのが苦手。

いつでも外れちゃう。でも外れたくない・・・よ。

協調性がないのかな?とか悩んだ時期もあったけど

自営業で大家族、

その中で小さいときから抑圧されてた子供のわたしは、どこか

いい子にしてても、得じゃない。多少殴られても自由を選ぶべき!っていう

革命派だったから、結構めちゃくちゃ茨の道を歩いてきた気がする。

学生のとき、「みんなを乱す」という理由で先生に頼まれて部活を退部とか

不良グループが何かやると、全然違うのにすぐ疑われる、わたし。(間違ってないときもあったけどねw)

奇跡の連続で受かって
3年会社勤めたことも多少覚えてるけど、

すでにあんまし思い出せなくなってる。NY時代が過酷すぎた。

一回死んでまた生まれたから

わたし本来の命を生きていなかったから?記憶があいまいな感じなんです。

多方面にご迷惑おかけした方々に、本当に感謝と謝罪を送ります。

感謝合掌♡温かく愛してくれた皆さんがいたから、生きてます♡

本当に日本にいたとき、幸せだったんだなぁって

なにを日本が嫌い!なんて中学二年生みたいなことやってたんでしょうね?って反省するくらい

NYではいろんなことが起きたし、たぶんある時期はNYの1年が日本での10年のようだった。

精神的にもすごくタフにならなきゃいけないときもあったの。

NYの寒さの中、一人ぼっちだったときもある。

みんなにそっぽ向かれて、まるで世界に嫌われて、身体も心も苦しくて食べられなくても辛くても

じっと、ひとりで耐えていた。あのときの自分が恋しい。

がんばって、涙も流せないあのときの自分が居なかったら、今のわたしも存在しないから

抱きしめてあげたい。うーん・抱きしめちゃう!

「いい生徒」でいられない。

その理由がここにもあると思う。

きれいごとだけじゃ、傷つかなきゃ、飛び出さなきゃ、

体感しなきゃ、わからないことがきっとある。

自分にとって本当に大事なこと、人の優しさ、

恐怖や、痛み、孤独、苦しみ、

蓋したらダメなことがきっとある。

恐がらないで

すべてはうまくいっているから

属すことに一生懸命になるより

他人の一時の感情なんかに振り回されないで

精一杯 わたしがわたしを幸せにする♡

ついでに、まわりのみんなもハッピーな気分☆

そういう人になるんです。

OM Tat Sat OM
すべてはうまくいっている
d0169473_181779.jpg

ここはミッドタウンだけどこの Ave.沿いに住んでた。懐かしいな~
Photo by Thomas
my brother of the Loft family(Thank you!)

by makotokozu | 2010-11-28 22:19 | 実は属せないわたし