カテゴリ:全体性~統べるチカラ( 1 )

愛を確認する生き方。

Blessings!


ヨーガクラスにはいろんな人が来ます。

はじめて会った人ならその都度、アーユルヴェーダっぽい感じで、

体質(ドーシャ)や心(グナ)の質なんかを無意識に相手がこぼし

意識的に拾っていくと、共通点があったりして意気投合したりします。



最近わたしは、とにかく忙しい。

たぶんほかの人から見たら、のんびりやってると思われますがw

そうすると、わたし、アピりだすんですね。

疲れたよ~~、

ああ、こんな時間、わたしはあれも、これもして・・・ね、ね、ちょっと~しんどい

みてほしい、わかってほしい、労てほしい。やさしくしてほしい。

これ、大抵の人がやってるよね。

「これの行き過ぎは、病気になる。」

教えてくれたのは、チェアヨーガの先生でした。

チェアヨーガは、第一チャクラにとにかくフォーカスします。
土台を立て直してから、その上に立つものを調和していく。

「病気でいることで、愛を確認したがる自分に気が付く。」

これを言葉で言ってもなかなかわかる人いない。

ムーラ―ダーラ、生命の根っこを家に例えるといいって、誰が言ったんだけ?

家の礎が歪んできたら、その上に立っている家は傾く。
傾くと、障子とかふすまとか扉が開けにくくなる。
開けにくくなったら、そこを直しますね。扉を削ったり、ふすまを削ったりってしますが、
またまた開けにくくなるんですよね。これをその都度削ったりするのは、対処療法です。

これを人間の身体に当てはめてみます。腕とかあげにくくなったり、関節の可動域が狭くなったり・・・
そこを通る血流は、全開にならない扉や障子の間をかろうじて通っている。

ヨーガは対処療法じゃないんですね。
土台、礎の部分をフォーカスしていくんですね。

無意識に望んでることが、実現する。

「あふれ出る愛をおすそ分けしたい。」

人間の本当に不思議な力です。

英語なんだけど、写真や画像でわかります。
良い姿勢が手に入っただけでなく、おばあちゃんの凛とした表情。
すべてはうまくいっている。

85歳のおばあちゃんがヨーガで元気になっていく過程を見てみてね。
[PR]
by makotokozu | 2016-07-19 22:09 | 全体性~統べるチカラ