人気ブログランキング |

カテゴリ:被害者意識を手放す( 1 )

被害者という意識を手放す

Blessings!


身内のことなので、
ピンと来た方や
ご縁ある方にぜひ読んでほしいです。

定期的に感じたことなど
アップデートしていきたいと思っています。




最近お母さんが壊れてきている。


2年前くらいに

初めての霊的目覚めを経験しつつも

日々の生活で抱えるストレスや

感情が、

心の進化を妨げる。


お母さんはいま感情をコントロールできてない。

この頃は月に一度くらい会いに行って

話をします。

電話は週に一度。

話すことで、どういう意識でいるか確認しています。

言葉の端々に

イライラがあり

身体の

具合の悪さを感じている

それはすべて

お父さんのせいだとキッパリ。

先月は胃カメラを飲み

胃の中は引っかき傷のような状態だったそうで、

こうなったのは
お父さんのせいだ!とはっきり父に言ったそうです。うーむ。。

そして今月は大腸検査をするそうです。

いま彼女は自分で自分を病気にしてしまうルートを一歩一歩
歩んでいる気がします。

病気を探すんですね。

何か見つけたい!

ほら!やっぱり!!っていう

何かネガティヴな要素。

誰かを何かを

責める要素。

しかし

その陰には、

彼女の悲しさや寂しさがあります。



子育て真っ最中だったとき

お母さんはとにかく自分の感情を振り返る時間はどこにもありませんでした。

5人の子供を育て、(あまり進んでお手伝いする子供はいませんでした。)お父さんを含め全員不良ですし、

自営業で、布団の仕立てなどもすべて
夜中まで工業用ミシンを踏んで作っていました。
店がうまくいかない時には
そのミシンで内職もしてくれてた。


食事、お弁当、洗濯毎日7回まわし(うちはいまも二層式洗濯機)、
掃除だって大変だったと思う。

お風呂だってゆっくり入ったことない。

自分を大事にするなんて、考えることもできなかったって。

お酒も飲めないし、遊びに行くとか、

緩んだことなんてなかった。

ずっとギリギリ

疲れたことも感じられないくらい

やることがいっぱいだった。

どうやって生きてたか

駆け抜けてしまって

おろそかにしてた自分の気持ち。

いまだんだんとわかってきたんだ、見えてきた

あの時自分はどうしたかったのか?


ーーーー

現在

5人の子供たちが巣立って、

一生落ち着くことのないお父さんは

房総に自分のスペースをもち

月に何日も
お母さんがひとり自分の時間を過ごすことが多くなった。

いま
誰のためでもない自分のためだけにごはんを作り、

1日に洗濯するものなんてほんのちょっとだけで、洗濯まわすのも躊躇しちゃう。水もったいないなーって。

お風呂だって自分のためだけに沸かして入る。

昔はゆっくりお茶なんて飲んだことなかった。

それがここ数年、本を読んだりお芝居観たり、好きなことして一通り習字やお裁縫、吊るし雛のお稽古も楽しんだ----。

いま、

家に

お母さんひとり

瞑想っていうか

かんがえる時間ができたんだよね。

そんな時に

思い出すのは、大変だったことばっかり。

あの時

ああすれば、こうすればって

なんで?あの時

こうして欲しかった、
ああして欲しかった、


そういうことがフラッシュバックしてくるんだよね。


これは瞑想で通る第一の試練。

その感情を眺める勇気が必要なんだけど

翻弄される、ほとんどの場合。


そのあの時に戻って

生きてしまう。

Living in the past.

それはつらいこと。

だから

すごく苦しいんだ。

お母さんがひとり

過去の自分の感情を見つけて

悲しんでいる。→表面に出てくるのは怒りという形になって。

お父さんを責めている、その奥には

悲しさが見え隠れする。


先日実家に帰った時

苦しみの原因を見つめることが救いになるって伝えたけど

「お母さんは、ずっと我慢してればいいの?!」と
涙目になっちゃった。

しっかり者のお母さんが目に涙をためて
大きな声で。


ああ、
伝わりきらない。
もどかしい。

力になりたい。
だって
あんなにわたし達のために頑張ってくれたお母さんが苦しいのは、辛い。



だけどわかってほしい。


どんなに人を責めても

あなたは楽にはならない。


被害者という

意識があるかぎり救われない。

そう、
ティクナットハーンさんが脳溢血で倒れられた。
ちっと心配。

お母さんに彼の本を送った。

彼のやさしい口調で話される

仏の教えが彼女を救うと信じてる。




Om Tat Sat

すべてはうまくいっている。

応援よろしくお願いします♡


Makoto

by makotokozu | 2014-11-18 09:52 | 被害者意識を手放す