人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

March 5月の予定

Blessings!

5月の予定←クリックするとホームページに飛びます。

キッズヨガ、前半にやりたいんだけども

うーん、いつがいいだろう?

21日にやろうかなあ?

今月はワークショップお休みです。


アーユルヴェーダなリフレクソロジーでも出稼ぎ中。


興味ある方はゼヒ^^


Love,
makoto
by makotokozu | 2011-04-30 08:21

今日の幸福ランチ@たんぽぽさん

Blessings!

今日は、

自然食料品店のたんぽぽさんにてチェアヨガでした。

週に1度 ここに集まってヨーガして

みんなが持ち寄る自然食ランチを頂いて

いま感じてることをシェアする。。。


いつのまにか、

わたしにとっても大切な時間になりました。


本日の目玉!

きびめん!

あわ、とか ひえ の仲間から

めんができるんですね~
d0169473_19374313.jpg

食感は、もちもち

茹でて、水でさらして、

きゅうりの細切りとゴマだれで頂きました~


うまかった~~~っ








お腹いっぱいになったところで~



ここんところ、いろんなことが猛スピードで

明るみに出てる気がします。

もう、夜の時代は終わった・・・・とでもいうように。

浄化が進んでるっていうのかな?

世界の大きなことから、個人的なことまで

いまや、バレバレです。


隠してたことや、いままでは嘘もばれなかったのに、とか

いままでスルーしてきたことに、真っ向から向き合わなきゃいけなかったり

その反対に、

いままで、ロックで、パンクで

猫背がかっこいいぜ!って

感じだったのに

実は、

「愛っていいなぁ~」とか

照れくさくって、きもちわる~いと思っていた

自分の「善な」本性に気がついたり。


昔のわたしを知ってる人は

わたしが、「愛だぜ~!」なんていってるのが

信じられないと思いますが、


                   ALL WE NEED IS LOVE





はっきりいって

人と繋がって、関わることが、

どうやら

わたしは、好きみたい。

うん!

関わる人も、なんだかどこからか

導かれてるようで

まったく縁というか、

宇宙のはからいというのは、

粋なことしてくれるんです。

わたしが、

もうすでに自分の中で「終わった」としてることを

もう一度、見せてくれるのです。



最終試験とでもいうのかな?



最近は、めっちゃくちゃHeavyです。


だけど、わたしがしっかりと

愛=宇宙意識=真我=神=マハラジー! と

唯一無二

繋がっていればいいだけのらくちん人生に切り替わって来てる。

わたしの以前の心や行動の癖(バーサナー)や

過去の経験からくるジャッジメンタルな知識(サンスカーラ)なんかも

いまや、完全に役に立たない。


いろんなことが明るみにでている、


それぞれの天命というのかな?


そういうのも明らかになってきてる気がする。


皆さんはどうですか?


   You will feel fulfilled When you do the impossible for someone else.





この間から

マハラジの写真をクラスに持っていって

アーサナの最中、飾ってあるんです。

あるとき 

写真の前に

花を供えてくれてた。



「まこさんの、おじいちゃんですよね?」って。

 ^^ うふっ^^

うれしい。ありがとう!


優しい気持ちをありがとう。


これもマハラジパワーっす。


脱線したなぁ~
また幸福ランチ、お知らせするね。


Love,
makoto
by makotokozu | 2011-04-28 19:48

帰国1周年!!

d0169473_18312953.jpg
Blessings!


帰国1周年です。

去年の今頃は、

カウアイ島で

わたしの気分は

どんどん暗くなっていました。

帰国が迫り、

12年ぶりの日本、

そして

のんちゃんちの実家のすぐ後ろに住む、

すんげープレッシャー!!



それに、




「ともだち、 できるかな?」



と、

そまとふたりで

新一年生のように

心配してました。


いま、考えると


やっぱし、



すべてはうまくいっている!!!




ありがとう。ありがとう。ありがとう!!!

と、発表したいです。



いま、

素晴らしい仲間達と一緒です。

ニューヨークに負けないくらい

わたしは相変わらず自由だし、

どこでもやってけるんだわ、結局!


「ここでもうまくいく人は、どこへいってもうまくいく」
                         -ひとりさん

相変わらず、

帰国直後と変わらないのは、

のんさんちのエリート街道まっしぐら系のご希望には

はっきりいって、沿えませんが、

わたしは、わたしの道で こちら、天命街道 (マハラジ街道)

まっしぐらで

行かせてもらってます!

ただ、

何事をいわれても

お互いの「善」の基準が違うだけで、

「わたしに最善の道を歩いてほしいと願う親心」

と受け止めることができるようになりました!
(ほとんど聞いてない・・・かも?)

あはー!!これがわたし一番成長した~~!あっぱれ!

人のことを気にしてちゃ、夢・天命は叶わんぞ!ってね。



帰国1周年で、決意新たに

わたしがこの世に生まれた理由!これを全うせねば~と思うのです。




今週はフランソワ@イレヴンで、踊れるぜ~のんさんと~って思ったけど

やっぱし、そまっちを預けていけないので

今回は留守番です。


踊りて~っす。



しかし、


この1年で、

マントラ歌いーの、チベタンベル鳴らしーの、瞑想時間どんどん長ーくしつつ、な

ほぼ理想のヨーガクラスができたので(思ったよりも早いです。感謝!)


また次の1年で

踊る、踊る、歌う、叩く!な

魂の鼓舞! みたいなことをしていきたいなぁ~



エナジーはいいことに使おう!

みんなエナジー溢れてるのに、

使うところがないって感じするんだ。


それに、継続的にチャリティーをして行こうと思う!


4月後半の2週間では福島災害対策本部に9013円送りました。

協力してくれたみんなありがとうございました。



災害はとても悲しいことだったけど、

前を向くみんなをひとつにしてくれたし、

考えなきゃいけない本質を

しっかり見せてくれた 自然や地球、神の恩寵です。

わたしたちのかわりに、犠牲になってくれた多くの魂に深く感謝します。

彼らが一番わたしたちに望むことは何だろうと考えてます。

わたしたちができること、改善していくこと、

普遍の真理と愛を基準にして

取り組んでいくぜ!

と、鼻息荒い感じですが、

そこらへんは、カパ体質も十分なわたしです。

サボってたら、おしりぺんぺんしてください^^




本当にいまわたしは、幸せです。

日本に帰ってきて、こんなに幸せになれると思わなかったです。

ヨーガで繋がってくれた仲間に感謝します。

わたしには、

これしかできないけど、

みんなと

繋がってこそ、大きなパワーと成るね。


ヨーガがつなげてくれたtossyが新月に瞑想会をしてくれます。

ALOHAs☆Diary


クラスで着けているピアスがちりんちりんとやさしい音を鳴らして
ガイドするわたしをいつも励ましてくれます。デザインセンスばっちりKyokoちゃんの作品。

casablanca


5月のprana yogaクラスには、

いっしょにワークショップをしてるリバーシングのりょうこちゃんが登場します。

彼女のフラワーエッセンスのスプレーはクラスのみんなも大好き。

彼女の波動はNY時代よりももっともっと高くなってます~

どうぞ、感じに来てね。



「すべては自分発信の波動共鳴 」  

  


ありがとうございます。
               
Love Saves the Day
 
Makoto
by makotokozu | 2011-04-27 18:26

ドラッグのカルマ

Blessings!


わたしがスピリチュアルな世界に興味を持った

最初のきっかけは、

サイケデリックドラッグでした。

はじめはパーティードラッグから始まり、

とにかく何でもやりました。

はじめは楽しければよかったのに、

人間のわたしの内面を見るような、そんな体験を何度かすることになったのです。

毎回のトリップがまるで修行のように

ぶっ飛んだまま、NYCを歩き回り、巨大なモンスターのような地下鉄に乗る、

そのまま音と光の大洪水、クラブに突入。たくさんの音と光、人々の溢れるエネルギーを存分に浴びて

それは、わたしだけの禊のような・・・


ある日

LSDを取ったときの体験が、正に

生と死のぎりぎり・・・きわのキワ、

死ぬ、死んでしまう、、死ぬ?!

誰が死ぬんだろ?

もがく、苦しいい、失うわけにはいかない、、、

掴み続けている

意識=自我(わたし)の崩壊と同時に  

無機物、有機物、植物、酸素、、、、の、すべてが小さい愛の分子でできていた。

音にまで色があるし、形もあった。

小さな葉っぱにまで、血液が流れていて

生命の循環を感じたし、花は美しい曼荼羅で

神性をまさに体現していた。

キラキラして、世界がはじめて美しいと思った。

すべてのなかに神性を見て、感じました。

どんなものにも、後光が差していて、

そのもの、そのまんま、あるがまま

ただただ光がありました。




このときに、こころに何かやましいことや、

不安なことが少しでもあれば、容赦なく

地獄のような体験をします。

不安なこと、心配なこと、恐れていること、怒り、欲のあるこころ、醜い自分

それらが増幅し、それらを作り出している「自分」が狂いだします。

とどまれば、それはつらいことになり

気が狂う寸前、「死」が目の前をちらつきます。


自我を焼き尽くされる。


そして焼き尽くされた後に残るのは

赤ちゃんみたいな純粋な、、なんだろう。


そのときのわたし、何にも影響されていない、ツルツル・・・

純真無垢、

何がわたしをブロックしてたんだろう?!「わたし」がいない??

ちいさなバクテリア時代、魚の時代、腹這いになって陸に増えるわたし、哺乳類のわたし?

そして人間ばぶばぶ~!?どひゃー!? 小さな体に入っちゃった。

だけれどすべてのすべてにわたしの一部が存在していた

その全ての記憶を一気に体験しました。

そうして、降参します。限定された「わたし」を全身全霊を明け渡すと、

母なる光とでもいうか、、、、

そこはなにもない

なのになんでもあり、なんでも可能な、、無限の至福へ飛び込むという体験をしました。





そのあとに知り合うのんさんが貸してくれた
中沢新一の「三万年の死の教え」にあった
チベット死者の書というチベット密教の本のなかの

バルド トドゥルといわれる世界が、

LSDの体験によく似ていたのです。

そして後に知るヨーガによって

わたしの人生をかけて探していた道が開けてきたわけです。

わたしは、サイケデリックドラッグで見たあの光景と体験が

事実だと証明したい。いや、することになる

わたしのカルマです。

あの至福の海や、想像を絶するような美しさがあることを。

きっとチベットのラマ(お坊さん)たちはLSDをとらずに

あの境地を知覚していたんだから。

そして死んでからそれを悟るよりも

生きてるうちの悟ることができたら

どんなにこの世界が至福で満ち溢れているんだろう?!


それから

始まりました。

わたしカルマの精算が。


アップステートにシャーマンがやってくるといえば、

友達と3時間もバスに乗り

ぺヨーテセッションを受けに行ったり

厳かに行われるアヤワスカWSに参加しました。

10日も断食したり、


夏は、ほとんど裸のような格好で

セントラルパークでアーサナをして

キノコを食べてヨガクラスへ通い、

アシッドを取っては、

プラーナヤマのあとの瞑想で、気絶していました。


今考えると、本当によく生きていたなぁと。


なんでわたしは、病気になったのか

なんでわたしは、生かされたのか

なんでわたしは、ここにいるのか

いったいわたしは、誰の意思で生きているのか

そもそもわたしは、いったい誰なのだ?

わたしという自我を手放すのに


もうすこし、もうすこし、と思うと

飛んでいってしまう。

光が溢れ出る泉のなかで 

すっかり遊んでいるのに


 「アシッドをとれば、キリストの部屋に入り

        キリストと握手ができるが、 

               2時間もすれば

                 部屋から出なければならない。」
                   
                            マハラジ


うん、

マハラジ、その通りでした!

   
 「LSDはスピリチュアルな目覚めは期待できるが本当の悟りではない」



そして とうとうヨギさんに出会う。

2006年、アツいNEW YORK の夏のことでした。

ヨーガの真髄に触れた。 

アシッドなしで

あるとき瞑想から覚めたときに

ヨギさんが


「ほーら、、、楽になったでしょう?」

       にっこり^^



・・・うん、輪郭に触れた感じ。

なんだか、ヨギさん

そこに帰れば、

みんな知ってるんだね。


そこから「わたし」を生きればいいんだ。



それからも、ずっと

いまも精算し続けてる。

あの素晴らしきLSDのカルマを

しっかり受け止めてます。



旅は続く~~~


When Ego is lost, limit is lost.

You become infinite, kind, and beautiful.
( today's yogi tea)

Love,

makoto

by makotokozu | 2011-04-19 18:56 | ドラッグのカルマ

グルバイ=魂の仲間

Blessings!


チェアヨーガにきてくれてた

グルバイ(魂の仲間)が肉体を離れていきました。

やさしくて、番長っぽくって

あっというまに仲良くなって

4ヶ月しかヨーガできなかったけど

本当にお互いをよく愛していました。
 
彼女との思い出↓
黄金のマーマレード


わたしに 「連絡したい、会いたい」って、最後にいってくれたそう。

携帯もってない自分をはじめて恨みました。(その日のうちにゲットしました)おそっ!

とても悲しくて、泣きました。

肉体在る彼女と、もうハグできない。

でも きっと肉体を離れた彼女はきっと

この世のすべてから自由なはず、

ヨガナンダの師、スリ・ユクテスワが言っているとおりなら

肉体から離れた瞬間、目が覚めるのだ、と。

この世という夢(マーヤー)から。


彼女の死を知った日

リバーシングのセッションを受けました。

たっぷり彼女のことが出てくると思った。

そしたらわたしは Muddy な塊にずっぽりはまっていた。

「絶望」と感じる冷たい泥の中。

頭の中には、原発のこと、災害のこと、

それらを「しょうがない」こととして

片付けている無関心な感情を持つわたしの一部をあらわす人々

簡単だから、とりあえず誰かを怒っているわたしの一部をあらわす人々

・・・・への絶望?!

無力だ、と力なく思っているわたしの一部をあらわしている

そして、しぶやるみちゃんへの後悔?

なんだかわからなかったけど、

息してなかった。息できなかった。

リバーサーのりょうこちゃんに

「息をして、かえっておいで。」っていわれて

息してみた。 

そして、

心の闇をみた。

わたしは絶望していたんだ。

でも誰かが手を握ってくれてる感覚がある。



そういえば、しぶやさんと話をするとき

わたしたちはいつも握手したまま、手を握り合ったまま、話してたっけ。

そうだっタ!

ぶわ~って涙がいっぱい出て、

いまも彼女のハートは、わたしと共にいる。

最強ジャン?!

あら~?!


次の呼吸で、真っ白に光っているまぶしいトンネルへ

手を握られている感覚はずっとある。

ずっとずっとトンネルをピーターパンみたいに、飛んでいく

広いところへ出て、やさしく光るやわらかい雲のようなところで浮いている。



         ありがとう。  うふふ。




それだけ。

ここにこころを向けていれば、怖いことも不安もない。

気持ちは至福のまま


ここでは、すべての願いごとが叶うところ。



なんだか納得して、目を覚ましました。







次の日、チェアヨガ@たんぽぽさん

ぼけーっとしてまったくクラスにならず

結局お茶会になってしまい、和やかに過ごしました。

午後、せっちゃんが迎えにきてくれて

しぶやるみちゃんちへ。


お棺に入ってた。


魂が抜けたるみちゃんへ


お線香を上げて、おつかれちゃん


一足早く、目を覚ました魂のるみちゃん、

平安の中で、また会いましょう。

それまで

どうかわたしを応援していてください。



Rest in Peace しぶやるみちゃん

知り合えて、あなたの人生に触れることができて、

たくさんのことを教えてくれて、

わたしをいっぱい成長させてくれました。

感謝してます。ありがとう。愛してる!
by makotokozu | 2011-04-17 21:15

恐怖から愛へ

Blessings!


新学期が始まりました。

震災後、

わたしもびっくりしてることがあって

世間で出会う人と話すと、地震に対する不安感が強い人が多いのを感じますが

クラスに来てくれる人たちは、不安はあるだろうけど

どんどん明るくなってる。 

そして

全員とハートの奥でどんどん深くつながってきてるな~ということを感じます。

純粋なプラーナ(エナジー)のかけあい、もらいあい

感動と感激のなか ガイドするわたし、

クラスではいつも 幸せの絶頂なのです。



わたしは

先生、って呼ばれるのがすごく抵抗がある。

なんでかずっとそのことに対して

いちいち反応する自分が嫌だったんだけど

わたしは、ヨギさん、ダーマ、デヴィッド・マンクーソというアートマンと一体になった
(悟りを得た?)

実在するグルに出会い、「彼らこそ先生だ! 」と思っていたから

この世に生きる本物のグルたちに比べたら、わたしは、彼らのゴーピーです。

ひゃーん、遊んで遊んで~戯れて~☆





3・11の

地震の数日前に、マハラジによる祝福を受けた。

いままでの

「先生と呼ばれても恥ずかしくないように、わたしも日々精進しまっす。」とか、

彼からのダルシャンで解ったことは、そういうことではなかった。


「完全に明け渡す」ってことだった。

対峙する、ってことでもなく、

ただ、ただ、何もしないで受け入れる、ゆだねる。おまかせさん?

「わたし」という個性を残しながら、わたしを媒体として

マハラジ=神=宇宙が必要なことをしてくれる。

それらが用意していたシナリオが働きだせるように

わたし自身のちっぽけな欲や見栄なんか、問答無用で剥ぎ取られるの。

「わたし」がするのは、愛にとどまっているだけ。

だから何の不安もなく、いまは恩寵からくることを全うしているだけ。

ヨギさんは、実際に生きていて いままで誰も教えてくれなかった(教えられない?)

ヨーガの真髄を、わたしに教えてくれた。

ただ、「命を賭けた修行です。」なのが、

グータラなわたしには、しっくり来なかったんだけど。

そんなわたしのまえにマハラジが顕れて、

祝福をくれた。


いま、わたし達のクラスは気持ちのいいプラーナが漂っていて、

一人一人が本当に素晴らしい魂の持ち主、すごくよくわかる。

霊的なものを求めてる、求めてないにしろ、

意識してる、してないにしろ、ヨーガになんらかの魅力を感じてる。

チェアヨガに来る人のなかには、体力的に苦しく厳しい人もいる。

だけども、本来の魂は決して何不自由なく自由な存在。

自分のこころやからだに正直になる。 疲れたら立ち止まったっていい。

からだが健康じゃないと、こころも健康じゃないなんてことない。

本来こころは、自由で平安。

なんにもしないのが、一番の至福なんだ。

そこから わたしたちは来た。 

自分自身を、 家族を愛するように愛してあげる。

すべてを受け入れる、スタートってそこからなんだ。

マハラジのように、

お目目はいつも、神と遊び戯れて

みんなにいつも祝福をあげられるような

まこデーヴィーになれますように


道すがら、仲間達とめっちゃたのしんで^^

クラスからも素敵なデヴィーたちが生まれて、

それぞれのコミュニティーで

Spread Loveしていけますように。


道すがら、めっちゃたのしんで^^


Love Saves the Day
makoto


シャンティー
シャンティー
オン

この間のクラスからマハラジの写真を持参してクラスに行きました。

ハワイのクラスでは写真とそこらに咲いてる花をお供えしたりして、

クラスに来る人も、お供えの花を持ってきてくれたり

明日のクラスでは、アーサナの前にマントラ歌います。

日本に帰ってきて、スポーツクラブで初めてクラスをしたとき

マントラ歌って、嫌われて、日本のクラスでは歌えないって思ってたけど、

いやいや、ジャストなタイミングで

求めてる人たちとともに、できるようになりました~


もう、本当にすべてはうまくいっている、と信じよう。

生きてるわたしたちができることは、

地球と共に浄化していく私たちを信頼すること!

あとは、ただただ受け入れていこう。


恐怖から愛へ、変わっていけると信じよう。

って、まとまってるかな~?

なんやよくわからんが、

みなさんに、愛をいつも送ってます!

Makoto
by makotokozu | 2011-04-09 22:28

出稼ぎリフレ

Blessings!

チャリティーヨーガに参加してくれた皆さん、ありがとうございました。


自転車がパンクして

昨日はそのまま帰り、

最近復活したライフワーク、出稼ぎリフレに行きました。


昨日は、3年前にくも膜下出血を経験したおばあちゃん。

顔色もよく、やさしいヨーガを習っている、右足に少ししびれ感があるという。

なんと70歳の倒れるときまで、介護士として

歩けないお年寄りをおんぶしたりしてたんだって。

アーユルベーダの理論も少し取り入れてるわたしのリフレは、左足から

西洋のリフレだと右足から、心臓から遠いほうからはじめます。

マハラジの足を触りたかったなぁ、マッサージしたかったなぁという願望があるので

わたしの目の前の足は、すべてマハラジがよこしてくれた縁のある足だと思って

マッサージしてます^^めっちゃきもちい~んですよ。こっちが!! 

はぁぁ~い、エクスタティック☆



アーユルベーダでは、トリドーシャという3つのタイプがあって、

どのエネルギーが 主に身体とこころに影響してるか?って見ます。

彼女の場合、くも膜下出血をしなかったら 自分の身体の限界を超えて

きっとずっとずっと働いていて、もしかしたら 最悪

お年寄りを担いだまま、倒れていたかもしれないし、

限界まで働いてて、倒れたらいまのように回復するのに

もっともっと時間がかかったかもしれない。



足から、ビンビン伝わってくる。


おぉぉ、それでよかったんですよ。

きっと、あの時倒れてよかったんですよ。

病気は気づきですね。

あ~ありがたい!

いま、ぜんぜんストレスがなくて

本当にいま、おだやかに楽しく過ごせてますね。ってお話しました。


「ありがとう、ありがとう、いいんですよね。いまから楽しく生きても。」



                  イエス! オフ・コース!!!




ここにもまた自分の人生を楽しんでもいい! と感じられた人がいる!!!


ありがとう、マハラジ!
そして、わたしを通して働いてくれる全宇宙の未知の力!!!




・・・・また、あやしい・・・と思われるかもしれないが、

アーユルベーダで初めて教えてもらったことに、

わたし達は太陽系という銀河に住んでいて、宇宙には何億という銀河があってその中には

何兆もある星たちが、ノーブルな正確さで間違うことなく、活動している。

(ちゃんと地球は自転し、太陽はめらめら燃えてる 月の引力で地球は地軸を保ってるなどなど)

これらは、わたしたちが当たり前と思っていること。

また、私たちの身体も60兆以上の細胞と、数え切れないほどの細菌を体内にもっている。

同じように、高次=ノーブルな知性が働き、生命を維持している。

自発的に呼吸し、体内に取り込んだものを消化し、栄養とし、肉にして、血にする。

この活動は、毎日行われているし、間違うことなく続けられてる。

これも、わたしたちが当たり前と思っていること。

だけど、これらの働きは本当に当たり前に起きているのか?

ここに、大宇宙と小宇宙のどちらにも大いなる知性が働いている、

これが、ヨーガやアーユルベーダでいう

大いなる意識=宇宙意識=ブラフマンです。


アーユルヴェーダ=を発見したのは

あるヨーギーが瞑想中に得た英知だと教えてもらいました。 

それを千年?2千年?何千年? かけて、ちゃんと具体化していったんだ。


すんげくね?!



すごくスケールでかい話と思うかもしれないけど、

わたし達自身、ブラフマンの知性によって生かされている。

そして、わたしたちが、それであること。

たとえ、身体が不自由になろうとも

わたしたちの本当の本当は、

大いなる知性であり、ブラフマン=宇宙意思である。

それがすでにわたし達に備わっている。

もうどこを探さなくともいいんだ。

ただ、ただ、認めればいい。

すべては大いなる知性のもとに、起こっているって。






幸せは、来るものではない。

ただ、それは「在る」 常に「在る」

どこにだろう? どこにでもだ。それは、ただただ幸せなのだ。

                       スワミ サッチダナンダ


Love Saves the Day☆

Makoto
by makotokozu | 2011-04-02 21:44

Breath Of Love on 4/16

BREATH OF LOVE~恐怖から愛へ



ハートで存在することを体感するためのアーサナと呼吸のワークショップを行ないます。

今は変容の時期であり、そのためにも古い自我や執着を手放していかないと苦しみが続いてしまいます。

ワークを通して、少しでも緊張から解放され、くつろいでいる本来の自己、あるがままの私を体験できたらと思っています。

ヨーガの時間は、One Loveスピリットに溢れるMakotoちゃんにお願いしています。


プラナヨーガ (60分)

呼吸、こころ、身体をひとつにして、アーサナにじっくりと取り組みくむ、瞑想を基本とした伝統的ハタヨーガです。

各ポーズごとにシャバアーサナ(屍のポーズ)を取り入れ、緊張と弛緩を繰り返すことで、くつろぎが深まっていきます。
アーサナを通して、目には見えないプラナ(気)を感じることができます。

プラナとは生命、愛そのものです。


リバーシング・ブレスワーク+Loving Relationship (120分)


リバーシングは再誕生を意味する呼吸のワークです。
普段よりも深い呼吸を続けることにより、身体/エネルギー体がダイレクトに浄化され、本来の自己が輝き始めます。

きちんと呼吸を続け、あるがままにまかせきった時、深いリラクゼーションが起こります。
宇宙との一体感を体験し、小さな自我ではない、大いなる自己が目覚めます。
これがリバーシング~再誕生です。

呼吸のワークの前には、人間関係の中でわだかまっていることについて働きかける時間を持ちます。
愛が滞っている部分が、自由を感じられずに苦しみとなっています。
そのハートのブロックに解放の光を当てます。


<開催日時> 4月16日(土曜) 15:30〜19:00  (開場15:15) 

<場所> 燕スタジオ (最寄り駅 四谷/市ヶ谷)

http://www.yogaroom.jp/tsubame/access.html

<参加費> 5000円

<定員> 8名 

<ご予約/お問い合わせ> 菅原りょうこ 080−3677−2085

chantiksclaw@mac.com

こちらのメールまで、参加される方のお名前、携帯のお電話番号をご連絡ください。
詳細をお送りいたします。
参加費のお振込をいただいて、ご予約完了とさせていただきます。



<プロフィール> 

Makoto Kozu
11年間のNY生活を経て2010年5月帰国。NY滞在中、大病を機にヨーガや自然療法、ジョウレイ・エナジーヒーリングに出会う。自分の過去も含め、深い癒しを感じる。 シュリ マハヨーギーパラマハンサ師と出会い、ヨーガの真髄に触れる。 NY Open Centerにてチェアヨガ、カルマヨーガ・キッズ&マタニティーヨーガインストラクターの資格を取得後、Earthling Kids Yogaヨガを立ち上げる。 ハタヨーガ、キッズヨガ、親子でのヨーガ、シニア、チェアヨガ(いすに座ってするヨガ)クラスも実施。あらゆる世代や状況の人にヨーガのすばらしさを知ってもらうためにオリジナルのプログラムを構築。

http://www.pranayogaliving.com/default.html


菅原りょうこ

リバーサー、フラワーエッセンス・プラクティショナー、ドゥーラ(出産サポーター)

「本当の自分とは何か」という問い、病気や、精神的な困難によって、ヒーリング、ヨガ、瞑想に導かれる。

リバーシングは創始者のレナード・オァや、Loving Relationship Trainingを開催しているサンドラ・レイ 、
NYリバーシング・センターのモーリーン&トニ、ヒーリングを受けていたMICAさんのワークショップやセッションから学ぶ。
自分を苦しめいていた潜在的な思い込みが解放され、内から湧いてくる充足感を体験し始める。

インドへの旅を通して、恩寵によって救われ、存在することを体感する。
真の自己に目覚めること、源泉に溶けていくことをワークの中心としている。

 

http://ameblo.jp/chantiksclaw/
by makotokozu | 2011-04-01 21:04