<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハレハレ

Blessings!

d0169473_18151419.jpg

[PR]
by makotokozu | 2011-10-31 18:14

Prana Yoga WSのお知らせ 

Blessings!


d0169473_19513291.jpg

みなさまのおかげさまで、

今度ひとりでWSをさせて頂くことになりました。



すべての人向き、

初めての人でも、アドヴァンスの人も、

オールレベル・ウェルカム。


豊かな瞑想に導くために、

各アーサナのあとに、シャバアーサナをします。

意識とこころがどんどん広がり、

最近の

自分のテーマでもある

Oneness(ワンネス)を体感するWSです。



11月20日(日曜日)

場所 燕スタジオ(最寄駅 市ヶ谷・四谷)

時間 12時から13時15分

Fee  1500円



クラスの詳細はこちら



予約・お問い合わせは、makotokozu@gmail.comまでお願いします。


***当日、ふらりとウォークインでの参加も大歓迎です!



     


素敵なSunday Afternoonになる予感☆

お待ちしています。




ありがとうございました。


Love Saves the Day,

Makoto
[PR]
by makotokozu | 2011-10-21 19:52

すべての宗教の本質(タイトル変えました)

Blessings!


d0169473_0125593.jpg

こんばんわ~


今日は夜書いてます。

実は、全然眠くないから。


ちょっと覚醒チュ。


スピリチュアル、精神世界、ヒーリング、宗教等などで

一度は聞いたことあるかな?

  「 あなたはあるがままで素晴らしい存在です。 あなたは愛です。」

  「 わたしたちは、罪人です。だから不完全なのです。だからイエスに祈りましょう。」

  「 生きることは苦です。だから苦からの解脱のために瞑想するのです。」


わたしは、あるがままで素晴らしいって言われて少し戸惑いを感じたときがありました。


だって、ちっともこのままで素晴らしいなんて思えなかったから。

「でも!! 素晴らしいの! 認めなさい!!」

なんて言われても、わたし自身が納得しなきゃ、それは意味の無いことです。

そして キリスト教、カトリック、クリスチャン、一緒にしちゃうと怒っちゃう人もいるけど
(わたしの解釈なので、片目つぶってor薄目して読んでね^^)
 
聖書をソースとする人がいう「原罪」=生まれながらに罪びと説。

これはね、もっと居心地が悪かった。

いろ~~んなことを、経て、経て、経て、

そまを産んだとき、ファンファーレ!! なってましたもん。

そしていろんなことを教わった。

子育てして、ほんとこっちが育てられた。

それを、ナンだって?! 罪びとだァ~~~?

そして従え、さもないと救われない、ということがでてくる。

神はそんな心狭くねぇし!

なんてね、思った。

だけど、わたしは、イエスに恋しています。

また怒られそうだけども。

イエスの教え、まるでブッダ。

もう、メロメロです。



目覚めた人だった。








仏教系の一切皆苦=「すべては苦」

はじめて聞いたときは

え~~~、いやだ~って思いました。

まぁ、生まれて死ぬのはしょうがないけど、

生きること全てが苦なんて、何てこと言いやがんだい?(焦)

ってな印象を受けました。


どれが本当か?

真理はひとつ。それはわかっている気がする。

わたし達の中に備わっている善は、

誰にも教わらなくても、ラヴでピースに共鳴しているし。

だけれど

罪びと・・・とか、

生きてるだけで苦と教えてる、


世界で大勢の人たちが信仰してる宗教が

教えてることの本質ってな~に??




これ、ずっと疑問だった。







長いたびの末、


ある日、

すべては同じことを指していることに気がつきました。


わたしたちの身体(自我・エゴ)は、欲や執着や快楽に一生懸命になる。

もしかしたら、犠牲にしてることもあるかもしれない。

それは、罪なこと。

その結果、苦をもたらす。

瞑想や祈り、聖人たちを手本として

自我・エゴを取り除いていくと

出てくる?正体を現す、

わたしたちの本質(真我・魂)は、

すでに完全で素晴らしい愛の存在だってことに!!!



わたしが大好きな

チベット密教は、ゾクチェンといいます。

すべては大いなる円満という意味だそうです。

中沢新一さんの「三万年の死の教え」「チベットの死者の書」に書かれていますが、

宗教の教えにも向き不向きがあり、

快楽系の人は密教、ヨーガ系があうそうです。

ラマいわく、

「たどり着いちゃえば、すべては大円満だということを知る。」



真髄は宇宙のように広く深いものですが、

ヨーガは快楽系のわたしのような凡人でも

あら? これならできる !! ヵモ? とはじめられる簡単な入り口です。

簡単にはじめられなきゃ、意味が無い。

そして、本や言葉で聞いて頭でわかるよりも、先に身体と心が覚えてく。


心(呼吸)と身体と宇宙のからくり。



今夜もお付き合いくださってありがとうございました。


おやすみんさい。


Love Saves the Day☆

Makoto
[PR]
by makotokozu | 2011-10-12 00:02

Namaste India!

Blessings!

d0169473_233932.jpg

先日、代々木公園で開催されたインドフェスティバルへ

5歳のそま と りくを連れていってきました。


そまりくは、100円でひとつ300円するサモサをふたつ買ってきたり?

辛いカレーを食べて、代々木公園のトイレでお尻ヒリヒリになったり

いろいろ面白いハプニングがあったけど、


帰るとき、4歳のインド人の女の子が迷子になって泣いていた。


甥のりくを預かっていたから、早く実家に帰らなければ!とは思っていたけど、

女の子泣いてるし、そまとりくも、英語がしゃべれないけど

とにかく心配してた。

ゲイリーオールドマン似の白人とわたしと、りょうこちゃんとまきちゃん、

そまとりくは、とにかくどうしたら彼女のパパが見つかるか?

彼女にいくつか質問したり、慰めたり。

英語でしゃべってるわたし達を見て、

りくが、「心配しないで大丈夫だよ、は英語でなんていうの?」

って聞くから、「簡単に、You will be alright,って言ってあげればいいよ。」

そしたら 「ふぇべれ、ふぇべれ~、ふぇれれ?」 ????**????


・・・・りく、全然一個も言えてないけど、


か、か、かわいすぎる!!! 


し、か、も、何度も言ってあげてる!!! (本人は「大丈夫だよ」といってるつもり!!)


最終的には、迷子ちゃん本人は動きたがらなかったけど

インフォメーションセンターにゲイリー(?)が肩車して連れて行き、

お母さんとの感動の再会!


よかったね~って感じで

なぜか、わたしが泣いてしまいました。感動巨編。

吉祥寺駅まで迎えに来てくれるはずだったお父さんは、

「おっせんだよ!(怒)」ということで迎えに来てくれなくなりました。

その帰りの電車で、りくが

「英語がしゃべれたから、女の子助けてあげられたんだね~。^^」と得意げでした。

なんだかこちらもうれしい気持ち。

英語が嫌いになっているそまは、どうかな?って思ったら電車でバク睡。

ただ家に帰ったら怒られそう。。。。だなぁってちょっと心配。

こんな得意気なのに、怒られて凹んだらどうしよう?

そんで

家に着いたら、やっぱり怒られたんだけど、

「わたしたちはいいことをしたんだよ。

迷子の女の子を助けてお母さんを見つけたんだから。

怒られても、わたしたちは間違ったことはしていないんだから自信を持ちナ!! 」

って、3人で手を洗いながら一番怒られたわたしが、大きな声で言ったの。

チラッと居間をのぞいたら、

お母さんもりくのママも笑ってたから、ほっとしたよ~


そまもりくも堂々としていた。誇らしかったんだね。


怒られないように、時間を守るのもいいけど、


泣いてる女の子や、困っている人に手を貸してあげるのは、


時間を守ることよりも、怒られることを避けるよりも


時には大事なんじゃなかろうか?


経験は財産☆


いい体験した、わたしも!!!


Love Saves the Day☆


ありがとうございました~!


Makoto


すっごくかわいかったタミール系インド人の女の子に、

「どこに住んでるの?」って聞いたら

泣きながら

「じゃ~ぱ~~ん(涙)」・・・って


どこの国でも

こどもって本当にかわいいんだよね~^^
[PR]
by makotokozu | 2011-10-06 19:08