人気ブログランキング |

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏休みです!

Blessings!


明日の午前中のクラスが終わったら、夏休みです!(わたしの!)

毎日夏休みですけど、ここはコンクリートジャングル。

海が好きなわたしは、房総へ行ってきます。

もちろん、お父さんのセカンドボロボロハウスです。

朝の6時から11時まで家の修復を手伝い、

そのあと近くの炭酸泉へお風呂へ行き、

昼ビールを飲んで刺身を食べてから

魚釣ったり、散歩したり 海でごろごろします。



また丸くなりそう。。。。


その後、

のんちゃんと軽井沢→黒部ダム・立山→柏2,3日(クラスします)→back to 房総!!

8月4週目に、柏に帰ってきます。



+++++++++++++++++++++

夏休み中にじっくりアーサナの時間が取れない人のために、

今日はサンカルパというヨーガについて書きます。

サンカルパとは、わたしたち自身が日々の意思の確認のための
自分だけの言葉、じゅもん、そんな感じの意味です。

今、自分に必要な言葉を決めます。 「愛」や「平和」、「感謝」とか「落ち着いて」とか「やさしい」とか「素敵」「セクシー」なんでもいいのです。

わたしのサンカルパはずいぶん長い間、「ありがとう」です。

「ありがとう」と何度もアーサナの最中や瞑想中、街を歩く時でも、イライラしてる時でも心の中で唱えます。

呼吸とともにそれは、潜在意識に溶け込みます。

ありがとうは、マントラ=じゅもんとなり、

言葉の持つバイブレーションでまた「ありがとう」という場面が増えていくのです。

そして普段の気が付かなかった「ありがとう」の多さにも気が付きました。

わたしたちは、与える存在です。
現象として起きるすべての出来事は
わたし達から発せられた意思が物質化して返ってきているだけなのです。

ちなみにいまのお気に入りのサンカルパは「人生極楽、幸福安泰」です。

ヨーガのみんなと子供達と楽しくいられて本当に人生極楽、幸福安泰です。


ありがとう!!!

ぜひ、夏休み中に実践してみてください。


Love Saves the Day☆

Makoto
by makotokozu | 2012-07-27 22:13

悟りは突然に。

Blessings!



ブラザーのスネちゃんのFBでこんなのを見つけたのでシェアリング。


d0169473_15474934.jpg


"The end of religion is the beginning of spirituality.

The end of spirituality is the beginning of reality, and the end of reality is real Bliss.

When that too is gone, we have reached the destination."-Babuji Maharaj


宗教の終わりは霊性の始まりである。

精神の終わりは現実の始まりであり、現実の終わりが本当の至福である。

それもなくなったとき、我々は目的に達しました。
                                  バブジ・マハラジさん



目的ってところがちょっと訳すと、なんだかな~なんだけど

まぁ、こんな感じです。


すべての行為はみんな手段でしかない。

宗教も、ヨーガも、仕事も遊びも。


昨日、「ニンジンから宇宙」という本を読みなおしました。

赤峰さんは、ニンジンの収穫をしてるときに

いっきなり

命の循環、地球の鼓動、宇宙のしくみが

ズバッッと理解しちゃったんだって。


これって、実は突然やってくる。


赤峰さんは、おかしい、おかしいって

この現実はおかしいってずっとずっと思ってた。

自分はひとりのお百姓にすぎないけど、

なんかおかしいな、ってずっとずっと思ってた。

そのとき、すべての疑問が問答無用で解決しちゃう

何かが降りてきた。悟るってことなんだと思う。


精神的に成熟し、これから現実に取り組む、


そして、


現実のおわり、

そこから本当の至福の時が始まる。


「知ったからには、伝えていく。」



まるで仏陀のようなお百姓さんのお話です。



いろんな職業から

こんな人たちが出てくればいいな。

その人たちの立場で、

その人たちがわかる言葉で。




原動力は愛。

One Love.


ひとつにつながっているんだから。





Love

Makoto.
by makotokozu | 2012-07-18 15:47

ナイスサーダナ!「ゆ字観」

Blessings!!


たまたま望君の本棚でみつけた空海の本。


その中にあったのが阿字観。


阿字観はサンスクリットの阿という字を見つめ瞑想するという真言宗(密教)の瞑想法。


でも馴染みがないし、大日如来に通じる・・・・?


なんとなくわかるんだけども、やっぱ、わかんない。


尊敬するヒッピー爺さん、上野圭一さんが静岡伊東市に引っ越して、


庭で野菜を作ったり、暇さえあれば市内のあちこちの温泉を訪れているそうである。


そこで脱衣場にある暖簾の「ゆ」の字を眺めて阿字観ならぬ「ゆ字観」をしているそうである。


火山列島の日本では縄文時代から湧き出る「ゆ」に浸かると


疲れ、寂しさ、悲しさなどが癒されると知られていたそう。


しかも「ゆ」から連想される言葉や音や意味のほとんどが


病気や苦しみや悩みをよい方向に働く作用を持っているというのです!


なに~!?「ゆ」つくの言葉を書いてみた。


ゆるゆる、ゆらぐ、ゆったり、ゆだねる、ゆずる、ゆるす、ゆう(結)


ゆかり(縁)、ゆかい、ゆたか、ゆめ、ゆっくり・・・・ ゆう(遊)、ゆう(自由の由!)




そうそう、それそれ!


瞑想って難しそうだけど


心に平安、わたしの中のピースを見出すってって事。


そこでニコニコと鎮座してるのが、


わたしであり すべてであり



神さまなんだ。



読んでくれてありがとう。


namaste.

makoto

d0169473_10271793.jpg

by makotokozu | 2012-07-12 19:33