人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

布ナプキンの染めなおし♡玉ねぎ編

Blessngs!


お久しぶりです。

わたしたちが手作りした布ナプには草木&薬草醗酵液で染めを施しています。

布にエサになるたんぱく質を染み込ませ、菌である植物の色を入れて(染めて)いきます。

好気性菌(+)が嫌気性菌(-)を無理なく体外に出し、酸素の好きな好気性菌が空気を入れ替え、温かいのにムレもなく

汚れも落ちやすく、を可能にしています♡



しかし、何度も繰り返し使ううちに草木染の効果も薄れてきます。

そうすると汚れは落ちにくく、布の柔らかさもなくなり、最初に感じたあの快適さも徐々に失われてきます。

なので、誰でも簡単に

ご自宅にある布ナプキンをもう一度染めなおす方法を書きます。

一番簡単なのものは、玉ねぎの皮で染めること。

準備として、玉ねぎの皮を集めておいてください。

変色していたり黒いところ、カビが生えているところは除き、茶色のところだけを使用します。


用意するもの、、、、

〇草木染の効果が薄れた布ナプキン5~6枚 
(準備として・・2~5倍に薄めた「無調整の豆乳」に15分くらいモミモミしたりしてしっかり浸します。洗濯機で1分脱水後、干します。)


〇玉ねぎの皮、適当。5個分以上から10個未満

〇みょうばん (どこのスーパーでも売っています、漬物の色止めなどに使うらしいです。)

鍋、菜箸、ざる、ビニール手袋等 キッチンにあるものですべてできます。特別なものはいりません。

ではレッツビキン。>>>>>>>

>ナプキンがしっかりと浸かるようなパスタ鍋で4リットルくらいのお水を入れて玉ねぎの皮を煮ていきます。

>15分くらいするとコンソメスープ?のようなとってもいい匂いがしてきます。←(染め液の完成です!)

>皮を取り出し、そこへパリパリに乾いた布ナプキンを入れていきます。グラグラと15分煮ます。

>小さな鍋に水を入れてみょうばん大匙1~2(適当ですw)を入れて火にかけます。湧いてくるとみょうばんがすべて溶けて鍋の中は透明になります。火を止めます。

>ナプキンが入るくらいの大きめのボールに水を張り、みょうばんを溶かしたものをボールに入れてかき混ぜます。←(色止め液の完成です!)

>15ぷん位煮た布ナプをザルに引き上げ、染め液を絞ります。二度染めるので絞った染め液は、またお鍋に戻します。

>布ナプをよく絞ったら、広げて色止め液のボールに入れます。たまにモミモミしたりひっくり返したりして15分浸します。

>15分も経つと素晴らしい黄色になります。水洗いしてから洗濯機で脱水1分。

>染め液にまた布ナプキンを広げて入れていきます。また15分適度煮ます。

>ザルにあげて、ざざっと水で洗います。洗濯機で1分。

>干します。>>>>>完成です。


二度染めすると、色も濃く効果も長続きします♡



薬草醗酵液、インド茜やくちなし、びわ、クルミで染めたい場合は、お知らせください。

出展などが控えている場合、お手伝いもお願いしながらw
染めのワークショップも同時に開催します。ご連絡&お尋ねください。



自分を好きになることは、女であること自体を楽しむことにもつながる。

月に一度の浄化が、めんどくさくて、きたない、よごれた汚物という扱いで、おなか痛くて、を毎月1週間。

これを何年も繰り返すことは

深いところで女である自分をとても傷つける。

この出す、という循環の一つが心身共に快適に行われるならば、
女性であるということが、とても気持ちよく、新しくなるような清々しいことに変わるんではないか?
自分のことを大事に思える、この身体の営み、
浄化のプロセスが愛おしくなる。

そんな風に草木染しながら考えてます。
たくさん傷つけてきたけど、
身体が在るから、ここでたくさんのことを味わえるんだ。
今生、女に生まれてきてよかった。ありがとうございます♡

シャンティ

Makoto Kozu


by makotokozu | 2016-03-27 15:56 | 布ナプの染めなおし

スパイス アップ♡

お久しぶりです♡

3/6の日曜日にお祭りに出ます!
お時間ある方はぜひいらしてね。
d0169473_10001689.jpg


ヨーガやアーユルヴェーダ、ヘナアートにハーブにスパイス、オーガニックのすべての望みが叶うお祭りです。
スパイスアップ2016
http://spiceup2015.blogspot.jp/?m=1


by makotokozu | 2016-03-01 09:55